お勧めは即日OKのカードローン

↓ ↓ ↓ ↓

ボタン画像
 
急にお金が必要になる理由は人それぞれですが、予想もしていなかった出費があると慌ててしまいますよね?

今回はそんな急な出費時でも慌てずに、お金を用立てする方法について解説していきたいと思います。
 


 

急にお金が必要になる理由は何が考えられる?

お金が必要になる理由

急にお金が必要になる理由にはどのようなものがあるでしょうか?

代表的なものといえばやはり「冠婚葬祭」です。

これによって急にお金が必要になることが多いのではないでしょうか?

急に結婚式に招待されることもありますが、それ以上に急となるのがお葬式です。

お葬式は突然なケースが多いですから、経済的な理由で「香典が用意できない」ことは決して珍しくありません。

また、移動の交通費でお金がかかることも多いですから、冠婚葬祭は意外と費用がかかるもの。

そして冠婚葬祭は立て続けに起こることも多いですから、そうなると大きな痛手となり急にお金が必要になりますよね。

 

学生であればサークル活動費などで急にお金が必要になることが多いのではないでしょうか?

普段の活動費はもちろんですが、サークル内で合宿をやるとなれば、中々高額な費用がかかるのではないでしょうか?

 

そのほか、車を運転したいとなれば、当然、運転免許費用がかかります。

免許を取得するのに数十万円かかりますので、自腹で何とか出来ないという方も少なくありません。

ですので、誰かにお金を借りる必要性が高い出費の1つです。

 

また、ありがちなのが「単にお金を使いすぎて急にお金が必要になる」というもの。

「欲しい物が沢山ある」「飲み会が多くて…」などなど、自分でコントロール出来るものですが、ついつい使ってしまいますよね。

もちろん、出費ではなく「財布を落とした」という悲惨な理由で急にお金が必要になる時だってあり得ますよね。

こればかりはどうにもなりませんから、何とか理由をつけてお金を借りるしかありません。

 

この様に、急にお金が必要な理由というのは、思っている以上に沢山あります

では、急にお金が必要になったらどうやって用立てすればよいのでしょうか?

貯金があれば、やむを得ませんが崩して用立てるのが一番よいですが、中々そうも行かない時のほうが多いのではないでしょうか。

急にお金が必要になったら「どのようにしてお金を工面すればよいのか?」…それを下記にまとめてみましたので参考にしてくださいね。

 

急にお金が必要になったらカードローンが便利!

急にお金が必要な場合は?

急にお金が必要ならカードローンでのキャッシングが非常に便利です。

「え?ローンって時間がかかるんじゃないの?」と思う方が多いかと思いますが、カードローンは最短即日でお金を借りる事が可能ですので、急にお金が必要な時でも対応できます。

ただし、カードローンを扱っている金融業者によっては融資に時間がかかるところもありますので、急にお金が必要だからといってどこでも良いというわけではありません。

また、即日融資可能な金融業者でも、条件をクリアしていなければ、その日にお金を借りることは出来ませんので注意してください。

 
急にお金が必要になったらカードローンが便利!

銀行でも消費者金融でも即日で融資を受けることは出来ますが、オススメは消費者金融です。

銀行ですと審査に時間がかかる可能性が非常に高いですし、そもそも審査基準が厳しいのでお金を借りること自体が難しいので、目的を達成できないかもしれません。

大手消費者金融ならどの金融業者も即日融資に対応しており、審査基準も比較的利用しやすいですから、急にお金が必要になったら大手消費者金融に申し込むのが良いです。

早ければ1時間で融資までこぎつける事も可能です。

大手消費者金融なら自宅にいながら融資も可能ですから、とにかく時間がないという方でも安心です。

また、平日以外も営業していますので、土日や祝日に急にお金が必要になった時でも、問題なくその日にお金を借りる事が出来ます。

とにかく急にお金が必要であれば大手消費者金融に絞って申し込みしましょう。

↓ ↓ ↓ ↓

ボタン画像

 

10万円ぐらい必要な場合、すぐ借りれるの?

10万円ぐらい必要な場合、すぐ借りれるの?

即日融資可能な業者でも希望する限度額によっては「その日にお金を借りれない場合もあります」ので注意しましょう。

希望する金額が10万円程度であれば収入証明書なしで手続きできますので、その日に融資を受けるのも難しくありません。

20万円~30万円以上も不可能ではありませんが、多少は時間がかかりますのでその場合は出来るだけ早めに手続きできるようしましょう。

収入証明書が必要になる50万円以上となると審査はかなり慎重に行なわれますので、急に即日お金を借りるのは難しいです。

今すぐお金が必要なのであれば、申込金額は必要最低限にとどめておくのが良いですよ。

 

当然ながら無職の方は融資は受けられませんので、いくらお金が必要だからといっても申込みしないように。

また、過去に返済遅滞や自己破産をした方、いわゆるブラックの方も、お金が必要だとしても審査は通りませんのでご注意ください。

信用情報に事故情報が残っているうちはどこからも融資は受けられませんので、よく覚えておきましょう。

↓ ↓ ↓ ↓

ボタン画像

 

学生や主婦がお金が必要でも借りれるの?

学生や主婦がお金が必要でも借りれるの?

カードローンは学生や主婦はお金を借りれないと思っている方も多いですが、そんな事はありません。

パートやアルバイトでも良いので、安定的な収入があればカードローンでお金を借りることは可能です。

ただし、学生でも未成年者はたとえ急にお金が必要だとしても、どこも申込不可となりますので注意してください。

未成年者への貸付はリスクが高いため、どの金融業者もお断りしています。

また、銀行カードローンは学生お断りのところが非常に多いですから、借りるなら大手消費者金融が良いでしょう。

 

パート主婦の方は銀行でも消費者金融でも問題なく申込できます。

ですが、銀行は審査基準が厳しいのでパート主婦が審査を通るのは中々ハードルが高いです。

急にお金が必要というのであれば、パート主婦も大手消費者金融がオススメです。

 

逆に専業主婦の場合は消費者金融ではなく銀行に申し込みましょう。

…と言うより専業主婦でも申し込み可能な消費者金融がありませんので、「銀行を利用せざるを得ない」というほうが正直正しいです。

専業主婦の場合は配偶者に安定収入があることが条件となります。

但し、この場合の配偶者は正社員でないとほぼ審査は通りませんので覚えておいてください。

特に配偶者の同意などは必要なく本人確認書類だけで申し込み可能です。

但し、繰り返すように銀行は融資に時間がかかりますので、即日でお金を借りれない可能性が高いということをお忘れなく。

↓ ↓ ↓ ↓

ボタン画像

 

未成年はカードローンで借りれないので注意!

未成年はカードローンで借りれないので注意!

上記でお話したように、いくらお金が必要でも未成年者はカードローン契約は出来ません。

法律によって定められているわけではないのですが、未成年者がした契約というのは後から取り消すことが出来てしまいます。

契約を取り消すと借り入れたお金はカードローン会社へ変換となりますが、残っている範囲で良いとされています。

 

例えば「10万円の借り入れ契約をして5万円を使ってしまった」という場合は、残っている5万円を返還すれば良いということになります。

つまり全額使ってしまえば一切返還しなくて良いということです。

未成年者への貸付にはこのようなリスクがあるため、どのカードローン会社も申込不可としているのです。

中には親権者の同意を得れば融資可能な業者もありますが、名前も聞いたこともないような金融業者しかありませんので利用はお勧めできません。

 

お金が必要なら親や友人に借りるのも1つの手!

お金が必要なら親や友人に借りるのも1つの手!

どうしてもお金が必要なら親や友人から借りるのも1つの手です。

但し、身内からの借金はトラブルになりやすいですから、何故お金が必要なのかキチンと理由を話しましょう。

そして身内でのお金の貸し借りであっても「借用書」は必ず作りましょう。

口約束だけですとトラブルに成る可能性が非常に高いですし、きちんと書面に証拠として残しておけば相手も不安なく貸すことが出来ます。

何より、そうすることで身内からの借金であっても金融機関からお金を借りるのと同様にきちんと返済しようと思えるものです。

借用書の書き方等はインターネットで検索すれば出てきますので、詳しい書き方はそちらを参照してください。

「借用書にはいくら借りるのか」
「返済期日はいつなのか」
「金利はいくらなのか」
…これらを必ず記載しましょう。

いつに返すのかが分からないと「いつになったら返してくれるんだろう?」と相手も不安になりますので、ハッキリと期日を決めましょう。

金利は実際に金融機関で適用されているものでも良いですし、当事者同士で話し合って決めるのも良いでしょう。

 

身内からお金を借りる時の言い訳や理由はどうする?

身内からお金を借りる時の言い訳や理由はどうする?

身内からお金を借りる上で1番の悩みどころとも言えるのが、「言い訳」や「理由」ではないでしょうか?

お金が必要になる理由によっては、逆に怒られたり説教される可能性だってありますから、「お金が必要な理由や言い訳」はきちんと考えておきたいところ。

ただ、1番なのは「お金が必要な理由を正直に話すこと」かと思います。

お金が困っていることよりも、嘘をつかれるほうが親としてはショックなわけですから、正直にお金が必要な理由を説明するのが1番でしょう。

 

ただし、遊びや娯楽目的ですと貸してくれない可能性が高いですから、そのような理由でお金を借りるのは諦めたほうが良いかと思います。

「結婚式やお葬式が重なった」という理由であれば、比較的共感を得やすいですから、安心して頼めるのではないでしょうか?

 

また、予め何時までに返済することを伝えることでもお金を借りやすいですので、ぜひオススメです。

例えば「○日が給料日だから、その時に返すからお金貸して」といったように、返すアテがあることを伝えることで相手も安心してお金を貸せるのではないでしょうか?

やはり身内だからといっても本当に返してくれるのか不安に思いますから、そこをハッキリしておけばある程度安心できます。

兎にも角にも、お金が必要な時は変な言い訳はせずに、正直に理由を説明するというのが1番かと思います。

 

急にお金が必要なら日払いバイトもアリ!

急にお金が必要なら日払いバイトもアリ!

いくら急にお金が必要になったとはいえ、「お金を借りるのは嫌だ」という方は、働いてお金を得るのもアリでしょう。

登録制の派遣バイトであれば、働いたその日に給料がもらえますのでオススメです。

ただし、1日だけのバイトですとそこまで高額な収入は望めません。

日給1万円を超えるような高額案件は早々見つかるものではありませんし、単価が高い仕事は人気が高いので応募も殺到します。

 

逆に異常に給料が高いバイトは危険性が高いですから注意したほうが良いです。

世の中には怪しいバイトも沢山ありますので、あまりにも高額なバイトには手を出さないほうが身のためです。

ヘタしたら詐欺の片棒を担いでしまう恐れもありますので、気をつけましょう。

 

クレカのキャッシング枠は急にお金が必要になった時便利!?

クレカのキャッシング枠は急にお金が必要になった時便利!?

クレジットカードをお持ちであれば「キャッシング枠」が付帯されていないか確認してみてください。

もしキャッシング枠が付帯されているのであれば、お金が必要な時にクレカでお金を借りる事が可能です。

その場合は、審査を受けること無くATMにてキャッシング出来るので、急にお金が必要なときでも安心です。

 

ただし、キャッシング枠が付帯されていない場合は審査を受けてからとなるので、いくらお金が必要でも即日で借りれない可能性が高いです。

クレジットカードの申込時にキャッシングも同時に申し込みしていればよいですが、していない場合は基本的にキャッシング枠は付帯されていない可能性が高いので気をつけましょう。

また、クレジットカードのキャッシングは借入限度額が少額ですので、まとまった資金が必要な場合には不向きなのがデメリットといえますね。

↓ ↓ ↓ ↓

ボタン画像